自分でスマホアプリを作ろう

魅力的なスマホアプリにしよう

地味なスマホアプリは人気が出ない

自分が作ったスマホアプリを、たくさんの人に使ってもらうことを目標にしている人が多いと思います。
使ってもらうためには、興味を持ってもらわなければいけません。
便利な機能があっても、気にならなければ他の人は見逃がしてしまいます。
興味を持ってもらえるよう、デザインを工夫してください。
プログラミングのことを学習しただけでは、魅力的なスマホアプリは作れません。

デザインも、少しは学んでください。
最後に必要になる技術なので、プログラミングを先に勉強してもいいですね。
スマホアプリが完成してから、デザインを決めます。
魅力的に見えるデザインを考えてください。
派手にしすぎると、何ができるスマホアプリなのかわからなくなります。

誰向けのスマホアプリなのか

女性向けのスマホアプリであれば、華やかなデザインが求められます。
見た目を重要視して、利用するスマホアプリを決める女性が多いです。
しかし男性向けのスマホアプリだったら、あまり華やかにしないでください。
それよりも、シンプルなデザインが好まれます。
そのようにターゲットの性別によって、ふさわしいデザインがあります。

スマホアプリを作る時は、誰に好まれているデザインにすれば良いのか考えてください。
子供向けのスマホアプリは、かわいらしいデザインにするのがおすすめです。
難しそうなデザインにすると、子供向けではないと判断されてしまいます。
デザインの基本を学ぶと、それぞれのターゲットに向いているデザインを把握できます。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ