スマホアプリを作りたい人に必要な学習はコレ

自分でスマホアプリを作ろう

言語を学習するところから始めよう

スマホアプリを作るためには、どのような技術が必要なのでしょうか。
言語を理解していないと、プログラミングができません。
まずは言語をしっかり理解してください。
正しく言語を組み合わせないと、スマホアプリが起動しません。
いきなり難しい言語を組み合わせようと思っても、失敗します。
基本的な言語を知って、それだけで簡単なスマホアプリを作ってください。
基本ができれば、少し難しい段階に進んでも理解できるはずです。

必要な要素を考える学習もしておきましょう。
言語だけ理解しても、要素がわかっていないと組み立て方がわかりません。
どんな時に、どんな言語が必要なのか学んでください。
自分がどんなスマホアプリを作りたいのか、考えることも重要です。
目的に応じて使用する言語や、組み立方が分かります。
逆に言えば、目的が決まっていればどの言語をどんな順番で組み立てれば良いのか、道すじを考えやすいのでスムーズに進みます。

デザイン能力も学んでください。
便利なスマホアプリを作っても、見た目が地味だと利用者が増えません。
せっかく作ったスマホアプリですから、いろんな人に使ってもらいたいですよね。
どんなデザインにすれば、魅力的に見えるのか考えましょう。
スマホアプリの種類によって、ふさわしいデザインが異なります。
男性向けなのか女性向けなのか、さらに子供向けなのかターゲットを決めてください。
すると、ふさわしいデザインを考えやすくなります。


ページの
先頭へ